透明ブックカバーのご要望は日本一の品揃えのワークアップにお任せ下さい!多数OPP製品を製造販売しているので商品はいつも新鮮です。
ワークアップ株式会社
TOP ブックカバーについて ブックカバーのサイズ OPPの豆知識 会社案内 お問い合わせ・お見積り

ブックカバーについて

  • 透明ブックカバー料金表
  • 透明ブックカバーのサイズ
  • 弊社ブックカバーはここが違う
 

ブックカバーのサイズ

  • 新書実用書用
  • ハヤカワ文庫トール用
  • 文庫用
  • ライトノベル用
  • 新書少年コミック業務用
  • 新書少年コミック用
  • CPP 新書少年コミック用
  • 青年コミック 業務用
  • 青年コミック用
  • B6 実用書用
  • ハードカバー用
  • A5 青年コミック用
  • B5 同人誌用
  • IT 関連本
  • 楽譜用-H260
  • 楽譜用-H285
  • 楽譜用-H308
  • 雑誌用-W530×H260
  • 雑誌用-W530×H265
  • 雑誌用-W530×H270
  • 雑誌用-W530×H275
  • 雑誌用-W530×H280
  • 雑誌用-W530×H285
  • 雑誌用-W530×H290
  • 雑誌用-W530×H295
  • 雑誌用-W530×H300
  • 雑誌用-W530×H305
  • 雑誌ワイド用-W570×H300

OPPの豆知識

・OPPとはどんなものですか?
・OPPでどんな商品を利用出来るのですか?

ワークアップ会社案内

・弊社ワークアップのご案内

お問い合わせ、お見積り

・お問合せ・お見積もりフォーム

ご利用規約(必ずお読み下さい)

・通信販売法に基づく表示
・個人情報保護について

 

弊社透明ブックカバーはここが違います!

透明度の高いOPPフィルム

サイズの品揃えは豊富ですが【オーダーメイド対応!】
ご指定のサイズで別注生産も1,000枚から出来ます。

ブックカバーの装着方法

Point1 のり付テープになっていますので、本のサイズに合わせて、調整できます。 Point2 フィルムの上に粘着するので、本が傷みません。

静電気防止効果

普通、はがしたフィルムが手にまとわりついて、作業効率が下がるのですが、
弊社の透明ブックカバーおよびOPP袋全製品は全て帯電防止処理(静電気発生防止処理)をおこなっていますので、剥がしたフィルムが手にまとわりつかず、作業効率がUPします。

例えば・・・

透明ブックカバーの装着を時給800円のパートさんがおこなわれた場合、1枚あたりの装着コストはいくらになるでしょうか?

  帯電防止のない場合

1時間に装着できるのはせいぜい80枚ぐらい→800円÷80枚=10円
(1枚あたり装着コスト)

  帯電防止処理のある場合

1時間に100枚装着した場合、800円÷100枚=8円
(1枚あたり装着コスト)

つまり!!!
なんと20%以上のコスト削減が可能です。
(当社社員によるテスト結果。作業効率は人により異なりますので、あくまでも参考値としてお考え下さい。)
冬場は特に静電気が発生しやすいので、作業者の方からは大変好評を得ております!

帯電防止処理があった場合、平均的には作業効率がUPするだけでなく、同時にホコリなどの異物不着も防げますので、更に便利です。

★サイズや質感をお試しになりたい方は、 ぜひ一度無料サンプルをご請求ください。

 
ブックカバーの購入はこちら

新着のご案内

■ 2017.03.21
ブックカバーを付けることで本が長持ち!
汚れない、しわにならない、本のヤケ、キズも少なくなります。装着も簡単なカバーを是非ご利用下さい!

■ 2013.11.27
様々な本に最適なブックカバーの無料サンプルをご用意致しております。

■ 2013.10.28
【新商品追加】#30 OPPシート(テープ付き) コミック・雑誌用帯

■ 2013.09.16
弊社小売サイト(100枚単位〜販売)でBL本に最適なブックカバーの販売を開始致しました。
■ 2013.07.27
業務用として大好評!
#30の激安透明ブックカバーの登場です。

■ 2013.07.05
破れにくいCPPのブックカバー商品の登場です。
■ 2013.06.22
ご要望を多く頂きました
A4用ブックカバーの小売り販売を開始致しました。

■ 2013.05.22
CDとDVDの透明袋専門サイトがオープン致しました。
■ 2013.05.02
実用書・文庫用・新書用などのブックカバーを弊社通販サイトにて販売しております。

業界ナンバー1の価格と品質を目指します!
OPPブックカバーのことならワークアップへ何でもご相談下さい。

地域貢献事業の一環として
地元向日市(京都府)に
マスク2万枚を寄付しました。